認知症があっても明るく楽しく過ごせる社会を作る

ぐんま認知症アカデミー

ぐんま認知症アカデミーは、群馬県内の認知症の医療・リハビリテーション・ケアに関係する専門職の連携を深め、技術を高め、また、認知症の予防や支援に関する研究を推進し、群馬県の医療・福祉の向上に寄与することを目的に、平成17年12月に設立されました。
近年では県を超えて、大勢の人たちが本アカデミーに参加されるようになりました。したがって、群馬県から全国に向けて認知症の知の発信拠点として期待されるなど、本アカデミーの役割は大きくなっています。
本アカデミーは超高齢社会の加速と共に認知症を持つ人が急増し、その方やご家族の皆様を支援して「認知症があっても明るく楽しく過ごせる社会を作る」ことをめざしています。また、認知症予備群の人数は、認知症の人よりもさらに多く、この予備群が認知症を発症しないような方法の開発が重要となっています。幸い、認知症の病因の研究が進み、認知症の進行や発症を遅らせることが、夢ではない時代を迎えようとしています。社会の中では認知症に対する偏見をなくし、正しい理解の元に正しい医療・リハビリテーション・ケアが行えるような体制づくりが望まれています。また、認知症の人の世界を理解し、認知症と共に生きる、介護する側もHAPPYな気持ちになれるケアの工夫も発表されるようになりました。
皆様とともにぐんま認知症アカデミーをさらに発展して社会に寄与していきたいと考えておりますので、どうぞ長期に渡りご参加をお願いします。


第17回秋の研修会 2022年12月4日(日)開催予定 
詳細未定


ぐんま認知症アカデミー第17回春の研修会  

法人会員・賛助会員のお願い
新型コロナウイルス感染症の流行のため、ここ数年はWEB配信(無料)で開催しています。ぐんま認知症アカデミーは認知症医療やケアの質向上のため、広く皆様に参加を呼び掛けています。長期に存続するためにも賛助会員等になっていただく方を募集、経済的にも支援していただければ助かります。
☛詳しくはこちらの説明・申し込み用紙クリック
法人会員:年1万円以上の会費を納入した法人(法人から10名まで無料で参加できる)
特別賛助会員:一時的な寄付(時期や金額は定めない)
賛助会員:個人賛助会員は毎年5千円以上、法人賛助会員は毎年1万円以上の会費を納入したもの



イラスト

   
写真3名
「代表幹事の山口晴保先生(中央)長い間ありがとうございました」

写真3名
「2022年4月から代表幹事群馬大学内田陽子(中央)、副代表幹事山上徹也(左側)の新体制になります。よろしくお願いします。」



会員登録用紙